わら細工用稲「みとらず」収穫します!10/3(日)

今年初挑戦している「みとらず」

青刈りするぞー!と意気込んでいたのですが、8月に入っても丈が短く青刈りはできませんでした。

↑7月下旬の稲の様子


丈が伸びなかったのは、肥料を入れていないのと日当たりの悪さ、水の冷たさが原因かな?という感じ。

植えた田んぼは山からの水が直接入ってくるので、めっちゃ冷たい。

とはいえ8月ごろに青刈りするために、背丈をなるべく高く育てるのって、結構難しいよな〜と。タネを分けてもらった方に聞いたところ、やっぱり背丈を伸ばすのが難しいらしい。密植するといいようだけど。

ということでそのまま丈を伸ばし、普通に稲刈りすることにしました。

元々青刈りは一部でいいかなと思っていたし、青藁が必要なしめ縄はそんなに作らないからいいかなと。

それから、8〜9月にかけて猛烈に勢いが増し、一気に米用の稲を超える!

品種が違うとこうも違うんだな〜というのがよくわかりました。

(1枚目の写真、手前がみとらず。奥がお米用)

長すぎて倒れないか心配ですが、週末まで持ってね!と祈るのみです。

 

稲刈りは10/3(日)にします!

ちょっとだしボランティアもくるので、作業自体はすぐ終わりそうですが、興味ある方がいればぜひ見にきてください〜!

田んぼは こつぼね家@妙高の近くです。

稲架も作るそうですよ。


当日参加したいという方はご一報くださいね!

連絡先:contact@classic-lab.com



Classic Lab 柳の家

感覚にすなおになる 五感で感じる地域の暮らし