雪国の冬じかん。一人でもできるけど、みんなでやるともっと楽しい。

津南町や隣接する十日町市、長野県栄村から15名くらい集まり、こたつに入っておしゃべりしました^^

雪国では冬になるとよくある光景「お茶のみ」。
 
最後、おじいちゃんが「今日もいろんな人と話ができて、とても楽しかった!」と笑顔で帰っていきました。


毎日30センチくらいずつ降り積もる雪の中で、こうして寄り合って春を待ちわびていたのだろうなと思いました。


冬はじっくり何かに取り組むじかん

さて、そんな雪国では冬は家の中にいる時間が多くなります。

そんな時間は、手仕事などじっくりと取り組むことができる時間でもあるのです。

私も、わら細工を練習したり
くるみを割ったり
手まりを作ったり

他のシーズンではできないことに向かっています。


先月開催したワークショップでやった「ダーニング」もその一つです。

*「ダーニング」とは
ヨーロッパの伝統的な衣服修繕方法。
縦糸と横糸を織り込んでいき、穴の空いた靴下や衣服などを繕うこと。


この「ダーニング」をClassic Labのワークショップとして開催した理由の一つに、「雪国の冬じかんを味わってほしい」という気持ちがありました。



先月参加してくださった方々の感想の中にも、こんな一文がありました。


「柳の家の空間で炬燵に入りながら、皆でちくちく、とても楽しかったです。ひとりでやっても楽しいけど、皆でやるとさらに楽しいことって沢山あるなぁと。おやつのタルトもおいしくて幸せでした。」



「『最近何してるの?』という話をした。ちくちくで久しぶりに会う人もいて、しばらく会っていない人との出会いの場にもなった。1人でもちくちくはできるのだけど、1人だとやらないかもしれない。会話しながらの方が進みそう。」



「出産前は大切にしていたチクチクタイム。これが冬の大切な”おこもりしごと”だったなぁ…としみじみ思い出していました。ただ1人でもくもくやるより、人と過ごす方が断然たのしいし、むしろはかどる!(子ども見ててもらったお陰です…)
昔の田舎の手しごとも、こうやって集まってお茶のみを楽しみつつしていたのかな…と思いをはせました。」


ありがとうございます^^


当日はまだ1歳にならないこどもたちもいて、誰かがこどもと遊んでたり、ちくちくしたり、おやつ食べたり、おしゃべりしたり……。

「子どもはこっちで保育します!」とか
「ここから、ここまでやりましょう!」とか

そういうのでもなく

ゆるやかに、みんなが心地よくいれる。


昔からこの地域の人たちが寄り集まってきた、そんな冬じかんを感じてもらえたなら、嬉しいです。



来週のちくちくワークショップも、そんな冬じかんになったらいいな^^
まだ参加者募集してます。


また「寄りあつまる冬じかん」ということで、
技術の習得でおしまいではなく、いつでも行ける集まりにもできたら……と思い、今回からリピーター価格を始めます。


「やり方はわかったけど、皆でまたちくちくしたいな」

そんな方はぜひ、リピーター枠でご参加ください^^
お待ちしています。