【WS感想】なんでもない靴下が、愛おしい靴下へ



どんより雲のすきまから
時折差し込む太陽の光
ぽかぽかした春を思い起こさせる


こんなに雪がたくさん降って
「はあ、また雪かきか」

そう思うなかでも、

一日、一日と春に近づいているんだなぁと思いました。
 
 
そう、「春隣」という候のことばにぴったり!



昔の人って、こうして季節の変化とともに生きていたんだなぁ。

 
都会にいたときには、興味のなかった季節のことば。
津南に来てから、「本当だー」と実感することばが多く、
最近は二十四節気七十二候を毎日見ています^^




さて、そんな今日は先月開催した
あるものいかすワークショップ
ちくちく「思い出をつくろう。ほっこりかわいいダーニング」の感想を、たかはしさんよりいただきましたので、ご紹介します。




ーーーーーーーーーーーーーーーーー


一針一針糸を入れていく中で、”捨てよう”としていたモノに不思議な愛着をおぼえるように……”がんばった証”としての穴あきくつ下。買ってきた時は、ただの安いくつ下だったのに……ぬっている時は、モノとの純粋な対話というか、無心になれた。



出産前は大切にしていたチクチクタイム。これが冬の大切な”おこもりしごと”だったなぁ…としみじみ思い出していました。ただ1人でもくもくやるより、人と過ごす方が断然たのしいし、むしろはかどる!(子ども見ててもらったお陰です…)
昔の田舎の手しごとも、こうやって集まってお茶のみを楽しみつつしていたのかな…と思いをはせました。



ワークショップの材料やおやつ、お茶、すべての準備が整っていたお陰で、とても気持ちのよい、ゆったりした時間を過ごさせていただきました!子どもがいても、当たり前のようにみんなで見守る空気感も心地よかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たかはしさん、ありがとうございました^^


今回たかはしさんが繕っていたのは、旦那さんが仕事で履いていた靴下。
ゴミ箱に捨てられていたものを救出してきたものです。


買ってきたときは安い靴下だったけれど、旦那さんが毎日汗水流して仕事に励んできた証。
 
 
同じモノでも、
「自分の手で持ち、薄く磨り減った糸の感覚を感じながら、ひと針ひと針繕っていく」
というじかんを加えることで、靴下と持ち主、そして自分自身との関係性や思い出も重なってゆく。

そこにまた、新たな時間が加わる。



たかが「靴下」ですが、されど「靴下」


なんて愛おしい靴下なんだろうと、私もうれしくなりました^^



技術を覚える、作品をつくる、は目的じゃない



今回テーマとして「ダーニング」という繕い方法を提案しているワークショップですが、私が繕いたいのはモノそのものではありません。

 
たかはしさんが感じてくださったように、繕うじかんを通して自分とモノ、そして家族や友人、色々な人との関係性、自分をつくってきたさまざまなモノ・コトに思いを巡らせる。


その行為自体が、「暮らしを繕う」ということ。
 
 
巷では「何かをつくる」「技術を習得する」ワークショップや講座などがたくさんありますが、それらは手段であって、目的ではないと私は思っています。



具体的な繕う方法や、あるものいかす知恵を体験しながら、自分で自分の暮らしを繕う術を見出していく。

そんな、自分の暮らしの研究を続けていけたらなと思っています。




一月のちくちくワークショップ「思い出をつくろう。ほっこりかわいいダーニング」は来週の火曜日13時から。まだ空きがあります。

今回より、リピーター制度も導入。
ぜひ継続してご参加いただけたら、嬉しいです^^





■あるものいかすワークショップ